システム請負開発

    1) 上流工程からブリッジSEを参画させ、全体仕様と実現方法を深く理解し、早期に仕様の問題点を発見し、製造工程の開始前に、疑問点、不明点等の解決を行います。

    2) 下流工程では弊社固有の開発プロセスを適用し、QCD(Quality,Cost,Delivery)の確保を図ります。(お客様からプロセスの指定がない場合)

    3) 全工程において、柔軟的な人員配置により、お客様の要望を正しく把握し、高い品質を維持しながら短期でのシステム開発を実現します。

新技術、新領域への積極的な挑戦

    1) スマートフォン、タブレット関連のUI/UX開発 (iOS、アンドロイド、FireFox 等)

    2) HTML5とCSS3など、新技術の活用

    3) リッチクライアントによる、Webアプリケーションの開発

    4) PaaS/IaaSなど、クラウドサービスを組み合わせたシステムの基盤設計構築

ユーザー中心設計
    スマートフォン、タブレット関連のUI/UXはユーザーニーズを正しく理解し、システムに反映させるために、高速でプロトタイピングを行い、早期にユーザーの評価を導き出します。高速プロトタイピングを行う目的は以下です。

      ♦ ユーザーを巻き込み、早期に仕様確定を行う場合。

      ♦ 使い勝手や信頼性などの側面を重視したシステムにする場合。

      ♦ 使うユーザーの思考の流れを理解する場合。

      ♦ システムの利用率を高め、継続して使って貰う必要がある場合。

      *尚、アジャイル開発は中小規模の開発に適しています。

UI(User Interface)見た目や使いやすい操作方法

UX(User Experience)アプリ操作で得られる創造的な体験

スマートフォン/タブレット関連開発
1) 業務システムの設計・構築
      ♦ モバイル会議システムSyncReader (同期閲覧)
      ♦ デジタルメニューシステム
      ♦ オンライン電話帳システム
      ♦ 顧客契約情報管理システム
      ♦ 拡張現実コマーシャルシステム
      ♦ 生活習慣システム
      ♦ 配送・倉庫管理システム
2) 社内用共通部品開発
      ♦ ブルートゥース接続による複数のiPadの通信機能
      ♦ GPS情報によるスマートフォン位置管理機能
      ♦ VPN接続によるサーバーへのアクセス機能
      ♦ 拡張現実機能
      ♦ 顔識別など画像処理機能
      ♦ データ暗号化部品
      ♦ 電話番号キャッチ機能
ビッグデータ関連開発
1) 多量イベントのリアルタイム分析処理(CEP)
      ♦ CEPエンジンによりセンサーの収集データ等を秒間百万単位レベルのイベント分析可能
      ♦ 分析条件はオンライン中でも変更可能
      ♦ CEPエンジンを増設することで処理性能のスケールアウト可能
      ♦ 入力イベントデータはプログラム可能な為異なるいろんな形のデータを処理可能
      ♦ 分析結果を他システムとの連携可能
2) NoSQLデータベースの活用
       インタネットの発展と共に企業のデータも巨大になってきています。RDBMSでは処理しにくい巨大データにはNoSQLデータベースの活用を提案致します。NoSQLデータベースの賢いところ(Cassandraの場合):
      ♦ リード・ライト性能をノード増設することでスケールアウト可能
      ♦ 単一障害点(SPOF)がないシステム構成が可能
      ♦ ノードの環境は同じである為、AWS等クラウド上では短時間で大量のノードを増設可能
      ♦ ノードを増設及び削除する時、データの移動が自動的に行ってくれます
      ♦ データの整合性及び安全性について、パラメータでの調整が可能
オフショア開発
    当社の中国法人北京優躍達科技有限公司にて、お客様のニーズに応えたオフショア開発を行い、トータルコストダウンに貢献いたします。従来の製造中心のオフショア開発のみならず、上、下流工程にオフショア開発の 経験者を適所に配置し、プロセス及びプロジェクト管理手法の理解と実行力の優れたチームを結成し、ワンストップで開発を進めてまいります。
インフラ基盤設計・構築
    得意分野である、クラウドコンピューティング関連、スマートフォン関連などの技術を積極的に用い、受託するソフトウェアを稼動させる為に最適な基盤部分(インフラ基盤、運用基盤)のご提案も含めて、システムが稼動するまで総合的なサポートを行なってまいります。
    1) サーバ・ネットワークの設計・構築
        UNIXサーバからWindowsサーバ、ストレージ、ネットワーク機器まで、構成の検討、設計から、
        OS、ミドルウェア部分構築までお客様の ニーズに応えた対応を行います。

    2) 幅広い業種のインフラ設計・構築
        金融業、流通業をはじめ幅広い業種の経験者を適所に配置することにより、効率良くインフラの
        設計、構築を実施いたします。

    3) ミドルウエアの設計・構築・保守・運用
        DB関連から運用関連まで幅広い範囲の対応が可能です。
        データ量増大に伴うレスポンス改善の、DBチューニングが可能です。
オフショア開発関連サービス
    オフショア開発を手堅く成功させるため、当社社員の苦労した経験、ノウハウを活かし、リスク軽減策、生産性向上施策、原価低減施策、異文化コミュニケーション施策などをご提案する、幅広いサービスメニューを用意いたします。当社はオフショア開発経験が豊富なオンサイト要員を揃えています。
      (1) オフショアPMOサービス
            オフショア開発のリスク回避の施策のひとつとして、プロジェクトマネジメントオフィス
            (PMO)方式による問題の早期発見サービスを提供します。
      (2) オフショア導入コンサルティング
            オフショア開発の経験のない部署、会社の方々に対し、その目的、実務、留意点などをお伝えします。
      (3) その他オフショア開発向けサービス
            当社社員のユニークな経験を活かし、リスク軽減策や生産性向上施策、異文化コミュニケーション施策などを提案いたします。
オフショアPMOサービス

オフショア開発を実施中のお客様にご提供するサービスです。

      1) プロセス全体の品質管理及び進捗管理支援

      2) オフショアの各段階のリスク予測・アドバイスの提供

      3) 発生している課題の可視化と分析・解決案の提供

      4) お客様の要望に応じた必要なリソースの提供

オフショア開発導入コンサルティング

中国におけるオフショア開発プロジェクト成功への第一歩は、お客様にとって、

最適なパートナーを選定することです。

弊社は中国オフショアへ進出を希望しているIT企業様の業容を分析し、

メリットやデメリットを合わせて報告し、開発コストや管理コストの削減に向けた

ロードマップを明らかにします。

また、過去にオフショアに失敗したIT企業様に対しては、その原因を分析すると共に、

成功ノウハウをお伝えします。

      1) 中国でオフショア開発を行う際の適正チェック(案件や企業体質などから診断)

      2) オフショアマーケット調査、相手企業の選別

      3) 社内輸出管理、発注手続き方法

      4) 生産性、原価低減効果の考え方

      5) 過去に行ったオフショア開発の失敗原因の分析

その他オフショア開発向けサービス

1) オフショア開発適否判定サービス

2) オフショア開発企業の情報セキュリティ診断

3) オフショア仕様書品質確保提案サービス

4) プロトタイプ製作サービス

5) ラボ人材活用サービス

6) プロジェクト完了後の相互評価サービス

7) 中国出張支援サービス

8) 日本出張支援サービス

9) 上級レベル日本語教育サービス